事故りそう?!ガラスの曇りで前が見えないときは

雨や雪などの天候の時、自動車を運転していると窓ガラスが曇る事があります。
原因は、外気と車内の気温差が大きい事でガラスが冷やされ、車内の熱を奪う事で空気中の水蒸気が水滴に変わる事で曇ってしまいます。
外気温と室内温度の差が激しいほど曇ってしまいますので、冬場などの寒い時期は窓を閉め切って暖房を使ったり、人の呼吸から出る水分や乗車人数などにも影響します。
対処法として、エアコンの吹き出し切り替えをデフロスターの位置にしてA/Cをオンの状態にすると、車内の湿度が下がるので曇りが取れます。
この時、暖房を使っている場合、A/Cがオフの状態では除湿機能は働いてないので、必ずA/Cはオンの状態にします。
また、窓を少し開ける事で外気温と室内温度の差を無くす事ができるので曇らなくなりますが、季節的に厳しい場合や雨や雪などが降って厳しい場合もありますので、状況に応じて窓を開ける必要があります。
事前対策は、ガラスに汚れが付着していると曇りやすくなりますので、専用のクリーナーなどを使い定期的に綺麗にしておき、曇り止めスプレーなどを使い未然に防止する方法などがあります。
また、エアコンの設定で、内気循環にしていると曇りやすくなるので、常に外気導入にしておき、必要時のみ内気循環にするようにします。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿