自動車整備士を目指す養成施設とは?

自動車整備士を目指すにあたっては、まずは国土交通大臣が指定した養成施設の課程を修了しなければなりませんが、この養成施設には大きく、自動車整備業の実務経験がない人向けの施設と、実務経験がある人向けの施設の2種類があります。
実務経験がない人向けの養成施設にあたるのは、自動車整備に関する技能や知識を習得できる学科が設置されている高校、専門学校、職業能力開発校です。カリキュラムは各学校ごとに異なりますが、修了することで技能検定試験の受験資格が得られるだけでなく、修了後2年間は実技試験が免除されます。最低修業年限は、3級整備士は1年、2級整備士は2年、1級整備士は3年となっていますが、1級整備士に限り、2級のガソリン自動車整備士とジーゼル自動車整備士の両方を保有していれば1年短縮させることができます。
実務経験がある人向けの養成施設にあたるのは、各都道府県に設置されている自動車整備振興会が運営する技術講習所です。学校で自動車整備について学ばなかった者は、工場で働きながらこの講習所に通って自動車整備士を目指します。この講習所で所定の課程を修了すると、その後2年間の実技試験が免除されます。最低修業年限は実技試験が無い人と比較すると短く、3級整備士と2級整備士は6ヶ月、1級整備士は1年6ヶ月となっていますが、1級整備士については実務経験がない人向けの養成施設に通うときと同じ条件を満たしていれば、6ヶ月短縮させることができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿