自動車整備士登録試験に受かるための対策と方法

自動車整備士は、文字通り自動車の整備に関する業務を行なう国家資格で一から三級までの種類に分けることが出来ます。三級が初級で一級や二級は上位級となります。

自動車整備士登録試験を受験するためには、自動車整備工場に実務経験を得て、学科と実技の試験を合格する方法があります。それと自動車整備振興会の教場に通学して実技試験の免除を得て、学科だけの登録試験と検定試験に受かる方法もあります。

しかも国土交通省に認定されている養成校を卒業すれば実技試験免除を受けられるので、それで学科の登録試験を受けて受かる方法もあります。ちなみに一番、多いのがこの方法によります。

なお自動車整備士の試験の中でも、実技試験は難易度も高いため、その試験の免除を受けることで受かりやすくなることは確かです。まず三級から取得することとなりますが三級を取得して、また実務経験を積んで2年経過すると、今度は二級自動車整備士試験を受験することが可能となります。

二級の自動車整備士試験の場合も学科と実技の登録試験を受けるか、三級の場合の様に自動車整備振興会の教場に通学して実務試験の免除を受けて、学科試験だけを受験し受かるという方法となります。なお自動車整備振興会の教場に通学しながら、一方では学科と実務試験を受験し一発で受かり、時間や通学の費用を節約する方法もあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿