中性洗剤がおすすめです!曇り止めの代用品について

窓を締め切ってのドライブ中にフロントの窓ガラスが曇ってしまい、前が見えにくくて困ったという経験は、運転される方ならどなたでも、一度くらいは経験があるのではないでしょうか。
窓ガラスが曇るのは、ガラスの内側にタバコのヤニや外から入ってきた空気の中の汚れが付着して油膜となっているからなのですが、そのために白く曇った窓ガラスを雑巾などで簡単に拭いて、そのときは曇が取れたと思っても、後からかえって夜間の運転時に対向車のライトで、窓ガラスがギラギラしてしまうことがあります。
ですから、窓ガラスを普段から徹底的に清掃して、ピカピカにしておけば良いのですが、そこまでは難しいという方には、中性洗剤を使って行われてる簡単な曇り止めをご提案します。
一般的な台所用の食器洗い洗剤として使われる中性洗剤には、強い活性作用があるので、フロントガラスなどに付着している油膜などを落とすとともに、水分を弾く効果もあって、窓ガラスが曇りにくくなるのです。
市販のガラスクリーナーは、クリーナーと銘は打ってあるものの、中性洗剤と違ってシリコン系の成分が含まれているものが多いなどのために、そのシリコンこそが油膜の原因となってしまう可能性があるので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿