点検することが重要!「車が変だな」と思ったらまず停車しよう

車を運転している時には、様々な事に注意する必要があります。事故を起こさない様に、周囲の交通状況に気を配るのは当然の事ではありますが、それ以外にも、自分の車の状況にも気を配る必要があります。運転中に、自分の車がいつもと違う。変だなと感じることがあるとします。例えば、アクセルを踏んでいるのに、加速がいつもより鈍いとか、車の振動が、いつもより激しい感じがする。そのように感じた場合、皆さんはどの様な行動をとりますか。
一番してはいけない事は、そのまま運転を続けてしまうことです。普段乗りなれている車が、普段と違うと感じられるということは車に何かの異変が起きている可能性が考えられます。そのまま運転を続けてしまうと、故障等の大きな問題につながることもあり、最悪の場合は、動くことができなくなってしまうこともありえます。異変を感じたら、まず安全な場所に停車して、車の外に出て、異変がないか目視で点検してみましょう。それだけで変な部分を発見することもあります。次に、ディーラーや整備工場に持って行って点検をしてもらいましょう。プロの目を通して、異変の原因を確認してもらいましょう。完全に故障してしまう前に見つけることができれば、交換部品代も安価で済むこともありえます。また、一度診てもらうことで、安心することもできるでしょう。
車が何か変だなと感じたら、速やかに停車して、まずは点検・確認する癖をつけておくとよいのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿