傷害の場合に必要な書類

皆さんは自動車を運転されることはありますか。また、される方はしっかりと自動車保険に加入されていますか。最近では一家に一台車を持つことがほぼ当たり前になってきており、そのために交通渋滞や交通事故を引き起こす可能性も増えています。交通渋滞は仕方ないとしても交通事故は自身のケガや車の損傷だけでなく、歩行者や自転車、バイクに同じ自動車に対してもケガを与える可能性があり、まさに自分だけの問題では済まない話です。さらに物損事故だとしても公共の建物や器物破損など自動車保険に加入していなければとてもじゃないけど、個人の負担で払えるものではないケースも多々あるかと思います。そこで、まず自動車事故により傷害の加害者になった場合、事故を証明する必要があります。これは被害者側にも言えることですが、まず警察による現場検証を行ってもらう必要があります。その後、事故の証明書を入手し、ケガなどで病院にいった際には必ず診断書をもらう必要があります。それによって全治どれくらいかかるか、ケガの具合や休日補償など、保険会社への請求金額が決まります。特にむち打ちなど長期間のケガになる場合は、通院手当や仕事への負担、影響などを考慮する必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿