車載器の種類について

ETCの車載器については、大きくはアンテナ一体型とアンテナ分離型という、ふたつのタイプに分けられます。
アンテナ一体型は、ETCカードの挿入口と、走行中に料金所ゲートとの間の無線での情報のやり取りをするためのアンテナがいっしょになって、ひとつの機械のなかに組み込まれているというタイプのものです。
ひじょうにシンプルなつくりであり、ダッシュボードなどに取り付けが可能で、本体価格も比較的安価なものが多いという特徴があります。
その反面、ETCカードが挿入されているかどうかが外からも見えてしまっているため、防犯上はやや問題があるといえます。
いっぽうのアンテナ分離型は、名前のとおり、ETCカードの挿入口と、無線のアンテナが別々になっているタイプのものです。
ETCカードを外から見えない位置に格納することができて防犯上の優位性があるほか、せまい空間のどこにでもアンテナを取り付けできるというメリットもあります。
その反面、製品の価格がやや高めに設定されており、取り付けの作業にも配線の関係で時間がかかるといったことがデメリットとなります。
このように、車載器の種類によって、それぞれメリットとデメリットが異なっているため、目的にあったものを選ぶとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿