知っておきたいトラブル対応マニュアル!自動車で困ったときは

自動車を運転しているとさまざまなトラブルに見舞われることがあります。
とくに、走行中にブレーキがききにくかったり、異音がしたり、煙が発生していたり、急にとまってしまった、など色々なパターンがあります。
このようなトラブルに対応するためにはまず安全な場所へ自動車を誘導する必要があります。
危険を知らせるためにウィンカーをつけて、発煙筒やLEDタイプのを使って後続車に接触しないように知らせることも大切です。
日頃からこのようなグッズは控えておく必要があるので揃えておきましょう。
中には安全ベスト、三角筒、発煙筒などの案z年グッズがセットになったものも存在しているので、備えて置いたほうがより安心といえます。
そして、ロードサービスに入っていれば、連絡先にコンタクトをして指示を仰ぎましょう。
タイヤがパンクしたり、鍵を閉じ込めたり、車が走行不能になった場合にも対処をしてくれるロードサービスは入っておいた方が安心です。
非会員だと別料金で応対してもらうこともできる場合があります。
とくに、自分で対処できなくて立ち往生をしてしまう、という事態を避けるためには必須だと考えて、各社ロードサービスを比較、検討した上で加入してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿