交渉に必要な書類の種類と手続きについて

皆さんは自動車保険に加入されていますか。今や車に乗る方にとって自動車保険への加入は半ば義務的なものとなっています。自動車保険に入っていないと交通事故を起こした時に自身のケガはもとより相手のドライバーや歩行者、自転車に乗る方などを相手に大きなケガをさせてしまった場合、多額の治療費、入院費、慰謝料などを支払わないといけません。さらに公共物や器物、高価な建物などを破損させた場合も同様、個人レベルでは支払うことが難しい多額の費用を捻出しなければなりません。それに意外と知られていない自動車保険加入のメリットですが、自身が加害者になった場合、被害者に対して保険会社の外交員が示談交渉に臨んでくれるという制度があります。もちろん、こちらはほとんどの保険会社で当たり前のように付保されているサービスですが、いざ実際に自分で被害者相手に話し合うのは大変難しいものがあります。お互いに感情的になることと、法律的な知識がないことから示談がまとまらないという結果になることがあります。また示談に必要な書類を用意したり、警察や必要な公的機関に対する折衝、証明書の発行などを自身でやるのも大変な苦労を伴うことになってしまいます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿