国土交通省の講習と試験を受講

自動車整備士は、全国にある自動車整備工場などで自動車の分解、点検整備を行うなどして、自動車の安全性を確保するための専門職のことをいいます。当然ですが、この資格を取得するためには、相応の知識、技術が求められるため、国土交通省が実施している技能検定試験をクリアして、合格証書を交付してもらって、はじめて資格を名乗ることができるようになっています。自動車整備士には、一級から三級まで、さらに特殊整備士という種類があり、基本的に級が高いほどより高度な整備技術をマスターした人ということになり、特殊整備士については一定の分野についての専門的な知識、技能を認められた人ということになります。試験の日程は毎年国土交通省から事前に示されていますが、例年ですと、一級整備士の学科試験の試験日は7月、技能試験のほうは9月となっています。技能検定試験には、実は学科試験、技能試験をそれぞれ免除できる制度があって、自動車整備振興会などが開催している講習を受講し、一定のレベルに達していることが条件となっています。その講習日については、全国各地にある自動車整備振興会によってまちまちですので、それぞれの振興会に事前に確認をしておいたほうがよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿