ETCシステム利用方法

 これまで、高速道路などの有料道路を利用する際には、料金所で立ち止まり、支払い手続きを済ませる必要がありました。しかし、現在では、この手続きの自動化が進んでおり、立ち止まることなく通過できるというシステムが普及しつつあります。このシステムのことを「ETC(Electronic Toll Collection、電子料金収受)システム」と言います。

 ETCシステムは、必要な情報が入ったETCカードを車載の読み取り機に挿入すると、料金所のETCレーンが無線でETCカードの情報を読み取れるようになるため、正しく認証されれば、自動的に開閉バーが上がるというものです。しかし、逆に言えば、読み取りエラーが起こると開閉バーは閉じたままであるため、衝突事故を防ぐ目的から、この時の速度は時速20キロまでに制限されています。

 このシステムを利用する場合、ドライバーはカードと読み取り機を用意する必要があります。カードはクレジット機能を持つ「一体型ETCカード」とETC機能に特化した「ETC専用カード」に大別されますが、一般的なのは「一体型ETCカード」です。これについては、カードを発行している会社に申し込み、審査に合格すれば取得することができます。

 また、読み取り機の場合は、購入後、必要な情報を読み取り機に登録する「セットアップ」という作業を行わなくてはなりません。ただし、それができるのは、認可を受けた専門店だけです。そのため、まずはインターネットなどで最寄りの専門店を探しておいた方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿