どんな態度をとられても決してひるまない

交通事故で加害者や被害者になる場合が誰しもあります。どちらの立場になるにせよ心がけておくことがあります。それはもし加害者ならば謝罪などをその場でせずに、警察官が来るのを静かに待ってそれから現場検証などを立ち会って、その上で保険会社に連絡をするという流れになります。保険会社からはどう行動するべきか指示を出してくれるので、その指示に従って行動をしていくようにします。
また交通事故の被害者になった場合には、相手がいくら示談を求めてきてもその場での確約などは避けて、まずは警察が到着するまで待つことが大切です。その後に、相手側からの連絡を待つというスタイルで対応をしていくことが大切です。
高圧的に相手がふるまってもあるいは不誠実な対応であったとしても、それは加害者側としても被害者側としても、その点を保険会社とよく話をすることで解決できる場合がよくあります。特に被害者の場合には相手が常識ある対応をしてくれなかったとして、示談を受けないという選択肢もありますから、どっしりと腰を据えて相手と話をすることが大切になっていきます。
その後の交渉如何によっては、その時々の対応についてメモを残しておくことも重要な場合があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿