電気を貰うことができる?電気自動車とジャンピングケーブル

EVの走行用バッテリーは通常の車の12Vバッテリーよりも大容量で高電圧の仕様となっているため、この部分には通常のジャンピングケーブルは接続できないようになっています。ここから取り出される電気は家庭用電源等のもっと規模の大きなものです。
EVにも電装品を動かすために12Vバッテリーを搭載しているため、ここからであればジャンピングケーブルを用いて、他の車両へ接続して電気をEVへと供給する事が出来ます。EVの走行用システム起動には12Vバッテリーを電源としているため、この12Vがバッテリーあがりを起こした場合でもEVは走行不可となります。その場合は、他の車両を救援車として用いる事でそのような状況から回復させる事が出来ます。
では、逆にEVを救援に用いる場合は?と言いますと、「日産リーフの取扱説明書」では救援する側として用いる事は出来ないとの事です。エンジン始動と言うのは非常に多くの電力を消費します。エンジンを持たないEVでは12Vバッテリーをそのような方法で用いる事はありません。EVの12Vバッテリーは走行用システムと電装品の為に用いていますので、ここに他の車両を接続してエンジン始動を試みるというのは、走行システム上では想定外の運用方法となり、システム上での悪影響が考えられます。
以上のことから、「EV車にはジャンピングケーブルを接続しても電気を取り出すことは出来ない」と言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿