安易に妥協しないことが重要

事故などの事後処理における交渉事では、当時の状況や被害に遭った場合の賠償請求など複雑なことが多いです。特に自分が交通弱者であった場合の賠償はしっかりと主張すべきことは主張せねばなりませんし、逆に加害者の立場であるならば、自分の負うべき責任の範囲を超えてしまうような要求には毅然と対処せねばならないといえます。事故の事後処理は双方の責任割合というものがありますので、それに則った形で行われるべきと申せます。ですから、当事者同士が話をしない前提の任意保険に加入しておれば、保険会社に対して主張ができるわけですから、迅速で適切な事故対応が望めると言えるのです。安易に妥協してしまうことで、本来ならば請求できる賠償も請求できなくなってしまったり、負わなくてもよい責任を負わされる結果にも陥ってしまいます。過剰な賠償請求をなされるようなことにもつながりますし、また、怪我を負った場合の治療費も最終的には自己負担せざるを得なくなってしまうことにもなります。したがって、必ず注意しておきたい点は、自分の自己責任割合がどれくらいなのか、事故により自分がどのような損害を負って、また、相手にどの程度の損害を負わせたのか、そうしたところをしっかりと確認した上で交渉に臨むことが大切なのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿