‘2016/04’ カテゴリーのアーカイブ

乗車定員数が少ない

2016/04/19

乗車人数が少ない車はおもに商用車として使われています。通常の乗用車でしたら定員数は4人~5人乗車となっていますが、商用車の場合は、商用に用いられるという事で車内の必要定員数を減らし、代わりにそれぞれの用途にあった積載を重視します。トラックはもちろん、ゴミ収集車や消防車、クレーン車などが商用車に該当します。商用車の乗車定員は3人以下とされます。
また一般の乗用車でも荷室空間が広く、乗用で用いるよりは商用で用いることに向いている車種もあります。後部の荷室が広いバンやワンボックスカーなどは乗車定員が4人以上で決まっていますが、後部座席よりも後側を積載スペースとして用いることで、商用利用しやすくなります。
バスやタクシー、ハイヤーなど人の輸送に使われる車は商用車と言えるのですが、日本では法律上で乗用車と扱われることが多いです。社用車の場合は通常車種としては乗用車ですが、商品を積んで走る用途として使われる営業車は商用車として扱われます。ナンバープレートも乗用車のナンバーとは頭数字も違い、商用で用いられる場合は車にかかる税金の金額も変わってきます。ライトバンやボンネットバン、軽ワンボックスなどの車種が定員を少なくして広い荷室を確保できることで商用で用いられます。

居住スペースの狭さと乗り心地の悪さ

2016/04/19

プライベートで車を運転する時間より、仕事で車に乗っている時間の方がはるかに長い、そんな方も多いのではないでしょうか。商業車に乗り、長い時間を過ごすのは1日の疲れ方もかなり違ってくると思われます。最近の国産車の乗り心地はかなり良くなりましたが、少し自分なりの居住スペースの取り方を考えるだけで、疲れ方も随分と違い改善されてきます。一番のデメリットは車内の狭さではないでしょうか。少しアレンジするだけで仕事で車に乗るのが楽しくなる、そんな毎日を送りたいものですね。でもこれ以上車内を広くする事は物理的に無理、荷物も乗せなきゃならないし、なんてお考えの方にはまず一番簡単に出来る空調の改善をお勧め致します。上手い換気と風向きを微調整するこで車内空間を快適に保てます。夏の場合、冷気は重く下に貯まる性質があります。中央と側面の吹き出し口をやや上向きにし、車内に冷気を循環させ、体に冷気を直接当てないということが快適な温度を保つ秘訣になります。冬場は足下からと温度を上げ過ぎない事を重点に考えると快適な温度が保たれます。冬場も夏と同じで直接体に当てないということを基本に考えると、疲れ方がかなり違ってきます。最近は10月頃まで暑い日が続きます。簡単に出来てしかもすぐに行える車内の快適さは、車内温度になります。この車内温度を自在に操れれば、仕事もプライベートも快適な空間にする事が可能なんです。年齢や男性、女性によっても快適な温度は異なりますが、冬場の湿度が50%前後、温度は24℃以内、夏場では湿度」60%、温度26℃以内が快適とされています。スマートフォン等の温度計を使い調節するのも賢い使い方ですね。

構造上、天候による荷物の保護性が低い

2016/04/19

車の購入を考えた場合、一言で車と言っても、家族構成や予算はもちろんのこと、その用途や所有する目的によって、高級乗用車やスポーツカーなど様々な車種が購入の対象となるわけですが、一般的な自家用車ではなく、商業用車としてこれから自動車の購入を検討しようと思っている人々にとっても、その検討の対象となる車種はそれなりの数があります。まずは購入に際して必要な費用もありますが、実際に購入してからも維持費などのコストを無視するわけにはいかないので、金銭的な面からの考慮も必要なのは言うまでもありませんが、いくら低価格で購入が可能で維持費の節約ができると言われても、例えば、大きな荷物を運ぶ必要がある仕事に対して小型の軽自動車を購入しても、実際の使い勝手はかなり問題があるため、最終的には得をしたとは言えないのではないでしょうか。それならば、気軽に荷台を使用できて、大きな荷物を運ぶのに便利なトラックにすればよいのかというと、雨や雪のような悪天候が影響を受ける荷物の運搬には向いていません。運送という業務一つをとっても、考慮するべき点はいくつもあるので、購入希望車が商業用として向いている車種かどうかは熟慮が必要です。

ピックアップのデメリットを感じるポイント

2016/04/19

ピックアップとは自動車の車種の一つ。トラックと表現した方が分かりやすいかもしれません。車体後部が荷台になっており、大きなものを積載する能力に特化した車両です。現在では若者に人気のある車種で、荷物の積載以外にもワイルドでかっこいいことからカスタムベース車両としても重宝されています。ですが、このピックアップの弱点といえば乗車スペースが極端に狭くなることです。車体後部を積載スペースとして使用しているため、乗車スペース、特に後部座席のスペースはほとんどありません。積載を目的としている車種のため、後部座席はとても簡素な造りになっており、長時間の乗車は厳しいものがあります。もともと北米などで人気を博していた車種です。日常的に積載の多い環境である北米では需要もありましたが、日本のほうに狭く、道路整備の整っている国ではその利便性よりも、ファッション感覚として人気の高い車種です。グレードによっては完全に後部座席がないものもあり、二人乗りとなってしまうものもあります。アウトドアスポーツやレジャーを頻繁に楽しむ方であれば重宝しますが、ファッション感覚で所有するとなるとピックアップ特有のデメリットもしっかりと把握した上で上手に付き合っていかなければなりません。

商業用車としての使い勝手の良さ

2016/04/19

車を購入する際には、シーンに併せた機能やデザインを基準に選択していきます。会社で使う商業用の車選びにはどのような基準が必要となるでしょう。ビジネスにおいて第一に考えたのがコスト面になります。普段渉外などで使用する場合には、ガソリンの燃費が良い車が一番です。また、相手先へ出向いた際にどこにでも止まれることも重要となります。そこで、営業マンが使用するのに最適なのは燃費の良い軽自動車ではないでしょうか。軽自動車であれば税金などの維持費が安く小回りが利くので使い勝手は抜群です。また、1台だけではなく複数所有する場合にも駐車などのスペースを少なくすることもできます。

一方で支店間を商品などを運搬しなければならないなどの場合には、軽自動車では用量が不十分になてしまいます。純粋に荷物のみの運搬を考えると、バンタイプの車が良いと思います。しかし、重量が大きくなると税金などの維持費の面を考えてしまい購入には躊躇してしまいます。そこで、購入の際には使用頻度を良く計算してそれほど頻繁に使用をしない会社であればレンタカー使用も考えてみましょう。レンタリースで企業契約を結んで必要に応じてレンタカーをリースするやり方も充分に有効になります。

楽に荷物の積み下ろしができる

2016/04/19

家族でレジャーに出かける時など、大きな荷物をたくさん積んでいく必要のある場合があります。また引越しなどで大きな家電製品や家具類を運ばなければならないこともあります。そんな時にたいへん便利なのがピックアップです。ピックアップは、運転席などの前部は一般の自動車のようになっていますが、後部はトラックのような荷台になっています。一般の自動車とは違い、荷台の部分には屋根がないことが特徴となっています。そのため、かなりの高さがあるものでも自由にたくさん載せることができるというメリットがあります。多くの重いものを運んでも大丈夫なように、かなり頑丈な造りになっています。加えて、大きなものや重いものなどの積み下ろしがたいへん楽に行なえるよう工夫されているのです。たとえば、荷物を積んだり下ろしたりする際に一部の部品を付けたり外したりすることによって、ボンネットの部分が大きく開くようになっているものがあります。このタイプのものは、大きな物を移動させる際に特に適していると言えます。荷台部分の屋根がないため、積んだ荷物が走行中に動いてしまわないようロープなどでしっかり固定させておくと、より快適にまた安全に利用することができます。

長尺ものや大きな荷物を積める荷室が魅力

2016/04/19

ピックアップタイプの自動車はその特徴的な外観が魅力とされますが、同時に大きな魅力となるのが「大荷物を積み込める」ということです。
このタイプは前方のキャビンの後ろ側に大きめの荷台を搭載しており、それぞれの自動車に定められた範囲内であればどのような荷物でも詰み込むことができます。
軽トラックよりも優れた走行性能を持ちながら、軽トラックと同等以上の積載量を持つということは他の自動車では中々無い特徴となっています。
荷台に屋根が無いため雨天時の運搬にはそれなりに気を使わなくてはなりませんが、晴天時であれば引越しの荷物であろうとも一度にまとめて運ぶことが出来ると言う魅力が秘められています。
また釣りなどをはじめとしたアウトドアにおいてもこの積載量は活躍してくれる存在であり、テントや寝袋、テーブルなどを運ばなくてはならないキャンプなどの場では最も輝く存在になると言えるでしょう。
国土が広大かつ燃料費が安価なアメリカでピックアップが活用されているのは、まさにここが大きな理由だと言えます。
日本国内ではなかなか浸透していない部分もありますが、一度使用するとその積載量に病みつきになってしまう魅力を秘めている自動車こそがピックアップなのです。

一部マニアの間でコアな人気がある

2016/04/19

日本ではあまり見る機会が多くはありませんが、北米では、モンスター・マシンによるダート・レースや、アクロバティックなショーを見る機会が比較的多くあります。その人気は、ハリウッドで映画にもされるほどで、確かにあの迫力ある走りは魅力的です。そんなモンスター・マシンのベースとなっていることも多いピックアップ・トラックは、モンスター化した特殊な姿ではなくとも、アメリカ人やカナダ人達が、日常の足として選ぶことが多く、特に変わった趣味というわけではありません。ブルーカラーなイメージがある人もいるかもしれませんが、実際に大きくて重い荷物を運ぶような時には、荷物の積み下ろしにも便利ですし、なにしろヘビー・デューティが特徴なので、取り扱いに細かい気を使うこともありません。日本では、一部のマニアやダートを走りたいという人々により人気があるようですが、本場の北米では、確かにアウトドアを楽しむための道具という捕らえ方をしているオーナーさん達もいるのですが、そういった趣味ものの持ち物というよりは、荷物を載せたり一度に大人数を乗せることができる、ということで、仕事に使えるという実用的な面も大きく評価されているようです。

ピックアップのメリットを感じるポイント

2016/04/19

ピックアップトラックのメリットを感じるポイントは、税金が安くなる事と使い勝手の良さにあります。
日本は、欧米諸国に比べると道幅が狭い事や慢性的な渋滞などの道路事情の厳しく、ピックアップトラックは一般車両に比べて大きな積載容量を有しながら、一般車両と同じ様に地下式駐車場や高速道路などを使用出来ます。又、ピックアップトラック購入時の車両登録区分によっては、大幅に税金が安くなるケースがあります。
ピックアップトラックは、荷物を運ぶ車両として設計されているのでトルクが太く、一般車両と同程度の馬力でもより大きく重い積載物を無理無く運べます。トラック車両寄りの設計なので、一般乗用車程乗り心地は良くありませんが、トラックに比べると乗り心地も良く、エアコンやナビゲーションなどの装備が設定されている車両もあります。又、オプションパーツも多くのメーカーから販売されており、自分だけのオリジナリティーあるカスタムが楽しめます。ピックアップトラックは、頑丈でシンプルな構造になっているので一般車と比べると比較的整備や部品交換が簡単であり、維持費が安く済むのも魅力の一つです。現在では、アウトドアなどの野外レジャーに使用する一般の愛好家が増えています。

商業用イメージが強いがレジャーにも適したピックアップ

2016/04/19

道路を見渡してみればいろいろな形の自動車が走っていますが、自動車にはそれぞれに適した用途があります。人の移動手段としての自動車、大きな資材などを運ぶための自動車、ガスなど危険物を運ぶのに適した自動車など様々です。中でも比較的見かけることが多いのがピックアップトラックと呼ばれる自動車です。運転席の後ろに開放式の荷台が設置されている自動車で、アメリカなどでは特にメジャーな車ですが、日本では主に商業用の車として使用されることが多いです。実はこの自動車は商業用に限らずレジャーでも大活躍してくれます。荷台が開放式なので、荷物の積み下ろしがとてもしやすく、またかなりの量を積むことができます。夏場などバーベキューやキャンプ、海や川のレジャー、山遊びなど荷物が多くなるシーズンには大活躍してくれるでしょう。また、引越しなどの際にも活躍が期待できます。乗車人数が2名ほどと少ないことがデメリットでしたが、最近は4人乗りや5人乗りの物も販売されており、さらに利便性が高まっています。お値段もそれほど高額というわけではありませんし、アウトドアが趣味の方や屋外レジャーが大好きな方はぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

最近の投稿