‘2016/02’ カテゴリーのアーカイブ

自動車整備士の職場とは

2016/02/19

就職先を自動車整備士になりたいと希望された場合、自動車整備の課程の専門学校に通い在学中に資格を取得するなど事前に下地となる基本をマスターし自動車整備士の資格を有してることが、就職には必要な条件になります。一部自動車整備工場に就職してから見習いとして資格を目指す場合もありますが、方向性が早く決まってる方は事前の資格取得することがベストな選択です。
自動車整備士の職場はディーラーや整備工場以外にもガソリンスタンドやカー用品を扱う量販店などの中で車の整備を扱う場合必要な存在になります。
適正として基本的に車が好きなのは勿論、機械をいじるのが好きで更に日々進化し新しい技術が投入されてく自動車業界にあって、新しいことを柔軟に受け入れ学んでいく好奇心が常にもてる人であり、コンピューター化されてるシステムも整備の技術以外にマスターしていく勤勉さが根本に必要な仕事であります。
働く会社にも多少差はありますが、整備の仕事は季節により様々な環境に影響を受けます。夏なら暑い作業場での作業そして、冬は真逆に寒さの中で手先も震えるような環境でオイルまみれになりながらの作業です。これらを克服していけるならば非常にやりがいのある仕事と言えます。

資格申請の時に必要な書類の種類

2016/02/19

自動車整備士は、一級、二級、三級までの級にわかれていて、他にもタイヤ、電装、車体といった各分野のエキスパートである特殊整備士という資格があります。たとえば、無資格者が三級整備士の資格試験を受験しようとする場合、実務経験として1年以上が必要となってくるなど、実務経験の制約にありますので、まずは受験をするだけの条件を満たしているかどうかについても、事前に確認をしておいたほうがよいといえます。ただし、国土交通省の自動車整備士の技能検定試験の前段として、自動車整備振興会が実施する自動車整備技能登録試験があり、これに合格すれば、国土交通省の試験のほうは免除となるため、この自動車整備技能登録試験をパスして自動車整備士の資格を手に入れるというルートが一般的です。実際の資格取得にあたっての必要書類としては、登録試験受験申請書のほか、こうした受験資格を証する証明書、既定のサイズの証明用写真、試験用のはがき、その他に受験手数料となります。試験の種類として、学科試験と実技試験の2つがありますので、必要書類のなかにあるはがきについては、それぞれの試験について2枚、特に一級整備士の学科試験については4枚となります。また、受験料についても、学科試験と実技試験のそれぞれについて、所定の金額を納める必要があります。

実務試験が免除されるケース

2016/02/19

自動車整備士になるには国が実施している自動車整備士国家試験に合格しなければなりませんが、このときに自動車整備技能登録試験と呼ばれる試験に合格し、国家試験の試験免除の申請を行って受理されれば、登録試験の合格を国家試験の合格と同等の扱いにすることができます。つまり、自動車整備士になるためのルートは国家試験を通るルートと、登録試験を通るルートの2つがあるということになります。
自動車整備士国家試験には筆記試験と実務試験がありますが、このうち実務試験免除申請を可能にするための要件は2つあります。1つは前述の通り、技能登録試験の実務試験に合格することで、もう1つは国土交通大臣が指定している自動車整備士の養成施設で所定の課程を修了することです。自動車整備士の養成施設には、実務試験が無い人向けの一種養成施設と、実務試験がある人向けの二種養成施設がありますが、いずれの場合も修了すると、以後2年間は登録試験の実務試験を受けることなく、直接実務試験免除申請を行うことができます。通常、実務試験は学科試験を通過してから受験することになるので、実務試験免除が決まれば国家試験合格となり、やがて国土交通大臣から国家試験の合格証書が交付されます。

自動車整備士を目指す養成施設とは?

2016/02/19

自動車整備士を目指すにあたっては、まずは国土交通大臣が指定した養成施設の課程を修了しなければなりませんが、この養成施設には大きく、自動車整備業の実務経験がない人向けの施設と、実務経験がある人向けの施設の2種類があります。
実務経験がない人向けの養成施設にあたるのは、自動車整備に関する技能や知識を習得できる学科が設置されている高校、専門学校、職業能力開発校です。カリキュラムは各学校ごとに異なりますが、修了することで技能検定試験の受験資格が得られるだけでなく、修了後2年間は実技試験が免除されます。最低修業年限は、3級整備士は1年、2級整備士は2年、1級整備士は3年となっていますが、1級整備士に限り、2級のガソリン自動車整備士とジーゼル自動車整備士の両方を保有していれば1年短縮させることができます。
実務経験がある人向けの養成施設にあたるのは、各都道府県に設置されている自動車整備振興会が運営する技術講習所です。学校で自動車整備について学ばなかった者は、工場で働きながらこの講習所に通って自動車整備士を目指します。この講習所で所定の課程を修了すると、その後2年間の実技試験が免除されます。最低修業年限は実技試験が無い人と比較すると短く、3級整備士と2級整備士は6ヶ月、1級整備士は1年6ヶ月となっていますが、1級整備士については実務経験がない人向けの養成施設に通うときと同じ条件を満たしていれば、6ヶ月短縮させることができます。

国土交通省の講習と試験を受講

2016/02/19

自動車整備士は、全国にある自動車整備工場などで自動車の分解、点検整備を行うなどして、自動車の安全性を確保するための専門職のことをいいます。当然ですが、この資格を取得するためには、相応の知識、技術が求められるため、国土交通省が実施している技能検定試験をクリアして、合格証書を交付してもらって、はじめて資格を名乗ることができるようになっています。自動車整備士には、一級から三級まで、さらに特殊整備士という種類があり、基本的に級が高いほどより高度な整備技術をマスターした人ということになり、特殊整備士については一定の分野についての専門的な知識、技能を認められた人ということになります。試験の日程は毎年国土交通省から事前に示されていますが、例年ですと、一級整備士の学科試験の試験日は7月、技能試験のほうは9月となっています。技能検定試験には、実は学科試験、技能試験をそれぞれ免除できる制度があって、自動車整備振興会などが開催している講習を受講し、一定のレベルに達していることが条件となっています。その講習日については、全国各地にある自動車整備振興会によってまちまちですので、それぞれの振興会に事前に確認をしておいたほうがよいでしょう。

種類ごとの試験受験の資格の違いについて

2016/02/19

自動車のメンテナンスには必須である自動車整備士だが、これは一級整備士、二級整備士、三級整備士、特殊整備士と四種類あります。さらにその種類で細かく分かれており、一級は現在小型自動車のみになっています。二級はガソリン自動車、ジーゼル自動車、自動車シャシ、二輪自動車。三級だと自動車シャシ、自動車ガソリン・エンジン、自動車ジーゼル・エンジン、二輪自動車。そして特殊は自動車電気装置、自動車車体というように分かれています。そしてそれらを受ける際に注意しておかなければいけないことがあります。それは、最終学歴によって受験資格の条件内容が異なるということです。三級を受験したい場合、対象者は高校の自動車科、大学又は高校の機械科、自動車や機械科等でない大学・高校・中学校の卒業者です。自動車科の人は卒業と同時に受けられますが、機械科の人は6か月以上の実務経験、自動車関連の科に属していなかった人は1年以上の実務経験がないと試験を受けることは出来ません。二級を受けたい場合、三級に合格してから3年以上、1年6か月、2年以上の実務経験が必要です。ですが、自動車整備専門学校で二級整備士養成課程や一級整備士養成課程、特殊整備士養成課程を修了している人は卒業と同時に各級又は特殊の試験を受けることが出来ます。また整備士専門学校卒業者でない人で二級整備士に合格した人は3年以上の実務経験がないと一級を受けることは出来ません。特殊整備士の場合、自動車関連の科に属していなかった人は2年以上、整備士専門学校の二級整備士養成課程を修了している人は1年以上の実務経験が必要になります。

自動車整備士登録試験に受かるための対策と方法

2016/02/19

自動車整備士は、文字通り自動車の整備に関する業務を行なう国家資格で一から三級までの種類に分けることが出来ます。三級が初級で一級や二級は上位級となります。

自動車整備士登録試験を受験するためには、自動車整備工場に実務経験を得て、学科と実技の試験を合格する方法があります。それと自動車整備振興会の教場に通学して実技試験の免除を得て、学科だけの登録試験と検定試験に受かる方法もあります。

しかも国土交通省に認定されている養成校を卒業すれば実技試験免除を受けられるので、それで学科の登録試験を受けて受かる方法もあります。ちなみに一番、多いのがこの方法によります。

なお自動車整備士の試験の中でも、実技試験は難易度も高いため、その試験の免除を受けることで受かりやすくなることは確かです。まず三級から取得することとなりますが三級を取得して、また実務経験を積んで2年経過すると、今度は二級自動車整備士試験を受験することが可能となります。

二級の自動車整備士試験の場合も学科と実技の登録試験を受けるか、三級の場合の様に自動車整備振興会の教場に通学して実務試験の免除を受けて、学科試験だけを受験し受かるという方法となります。なお自動車整備振興会の教場に通学しながら、一方では学科と実務試験を受験し一発で受かり、時間や通学の費用を節約する方法もあります。

業務独占資格・名称独占資格・必置資格の特徴

2016/02/19

日本の国家資格には根拠法によって、業務独占資格、名称独占資格、必置資格のいずれかに含まれているものが多く存在します。
各資格の特徴について述べると、業務独占資格は資格取得者が独占的に業務を行うことができ、資格取得者以外がその業務を行うと罰則の対象となる資格を指します。名称独占資格は資格取得者のみがその資格の名称を利用することが許され、資格取得者以外が資格の名称や資格名に似た名称を利用すると罰則の対象となる資格を指します。必置資格は、ある事業を行う際に事業所に必ず1名以上の保有者の配置が義務付けられている資格を指します。
自動車整備士の根拠法である道路運送車両法には、業務独占資格と名称独占資格に関する規定はありませんが、必置資格の規定が盛り込まれています。自動車整備業を営む人の多くは、認証工場あるいは指定工場となることを目指しますが、国から認証工場と認められるためには、整備従事者の中に自動車整備士が2人以上含まれており、なおかつ人数の割合が3分の1以上である必要があります。また、指定工場と認定されるためには、認証工場の認定条件を満たしているだけでなく、自動車整備士の中に自動車検査員となる資格を持つ者が1名以上いなければなりません。

自動車整備士の種類について

2016/02/19

自動車整備士の種類は、1級と2級、3級の各種資格と級のつかない自動車電気装置、自動車車体があります。1級は1級小型自動車のみで、2級は、ガソリン自動車とジーゼル自動車、以下自動車シャシ、2輪自動車と4種類あります。3級は、自動車シャシ、自動車ガソリンエンジン、自動車ジーゼルエンジン、2輪自動車の4種類です。これら計11種類の他に現在試験が行われていない自動車タイヤという資格もあります。
これらの自動車整備士の資格を取る方法は2通りあります。ひとつは、自動車整備士を養成する学校(大学も含みます)に入って、決められた過程を修了して1級または2級などの受験資格を得た後に学科及び実技試験に合格するというものです。
もうひとつは、実務経験をつんで3級の各種資格あるいは自動車電気装置、自動車車体の資格の受験資格を得て、試験に合格して資格を取るところからはじめます。3級の各種資格を得た後は、更に実務経験をつむことで、2級の受験資格が得られます。そして、2級の各種資格を取ってから実務経験をつみますことで1級小型自動車の受験資格を得られます。
無資格の人が3級などの受験資格を得るには、1年から2年の実務経験が必要です。そこから2級の受験資格を得るには、さらに2年から3年の実務経験を必要とします。1級小型自動車の受験資格は2級の資格を得てから、さらに3年の実務経験をつみまします。

自動車整備士の仕事について知ろう!

2016/02/19

カーディーラーや自動車整備工場、ガソリンスタンドなどで働いている自動車整備士。車検などの定期的なメンテナンスはもちろん、故障個所の修理や調整など自動車整備に関するスペシャリストとして幅広く活躍しています。
自動車整備士は国家資格です。3級、2級などの等級があるほか、ガソリン、ディーゼル、二輪自動車など、それぞれの車種別にも認定されています。仕事内容は消耗部品の交換やチェックなどの点検業務や、事故や急な故障など緊急時における修理対応などです。より高度な技術を持っているところでは、自動車のエンジンやミッション系統などの重要なパーツを分解、整備するオーバーホールなども手掛けています。また点検や修理だけでなく、カーナビやエアロパーツなどのオプションを取り付けたり、顧客に対してトラブルを避けるためのアドバイスをしたりするのも自動車整備士の大切な仕事です。
ハイブリッド車や電気自動車の登場など、時代の変化とともに自動車も進化している現代ですが、車を動かす動力に違いはあっても車であることには変わりありません。車であるからには必ず自動車整備士の存在も必要になりますので、これからも需要のある職業といえるでしょう。

最近の投稿