1枚のカードを複数の車(車載器)で利用できるメリット

高速道路でETCカードを利用できるようにする為には初めに専用の車載器を取り付け、尚且つ、ETCカードをクレジット会社などに申し込んで作らなければなりません。その為、作成されたETCカードと車載器はそれぞれ個別に対応している専用のものだと理解している人が少なくありません。つまり一台の車には一枚のカードしか対応できないと思っている人が多いのです。しかし友人と自分に行って行きの高速代は自分が支払い、帰りの高速代は友人が支払うといった事はよくあるでしょう。こうした場合、ETCでの支払いは一人の口座から後日まとめて引き落としになりますから、友人とは別途現金で清算しなければなりません。料金所で現金で支払いすれば簡単にワリカンできるところがETCを使用すると逆に面倒になっていまいます。実はETCカードは複数の不特定車載器で利用ができるようになっているのです。つまりETC車載器が付いているのであれば、初めて乗ったレンタカーでも使用可能なのです。ですから新しく買い替えた場合にも下取りに出した際にもそのままでかまわないというメリットがあるのです。また家族間での使いまわしや貸し借りもできますので人数分作る必要もありません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿