1台の車(車載器)に複数のETCカードが利用できるメリット

ETC車載器を搭載していれば、休日割引や深夜割引など高速道路を割安で走行できることが多いほか、ETCカードに対応している料金所では、一旦止まることなくゲートを通過できるため便利です。
しかも、1台の車載器で複数のETCカードを使用することが可能なため、用途に合わせ幅広い使い方が可能です。
例えば家族で車を共用としている場合、車載器は一つでも、ETCはそれぞれ個人のものを使用できるため、支払いも使用した本人が個々に行うことができます。
ETCはクレジットカードと紐付けされていますが、クレカを複数持ち、そのうちの一枚が限度額一杯まで使用しているために利用できなかったとしても、別のクレカと紐付けされているETCを使うことができるというメリットもあります。
使用時の注意点として、高速道路に乗る時と降りる時は、同じETCを使用する必要があります。もしも高速道路を降りる時の料金所で、乗る時とは違うETCを挿入している場合は、ゲートのバーが閉じられるため注意が必要です。
また、ETCマイレージサービスは、車載器とは1対1での登録となっているため、家族会員では無い限り複数のカードでETCマイレージサービスに登録することはできません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿